磯本農園ロゴマーク
磯本農園のいちご

糸島の自然と共に歩む。

自然・グルメ・クラフトなど観光地として人気の糸島。

福岡中心街から車で1時間弱、週末のドライブにも適した距離にある糸島では、四季折々豊かな表情をみせる自然に出会うことができます。

2011年4月磯本農園はそんな糸島の自然と向き合う事から始まりました。
少量多品種の野菜作りから始めたものの、それぞれに合う土や栽培方法が異なる為、栽培作物を一本化する事を決意。

2012年9月頃、ステキな出会いからあまおう栽培をスタートし、徐々に野菜の少量多品種栽培からあまおうのみの栽培にシフトチェンジ。
糸島の自然、山や田んぼの風景を多くの方に楽しんでもらいたい、自分が作ったいちごを直接販売したいといった思いから2014年3月磯本農園直売所をオープン

訪れて下さる方々からいただく、「良いとこですね。」「いちご美味しいです!」といった言葉を励みに、日々楽しみながら畑に立っています。

2015年10月には、農家になる事を決意した時からの夢である、お米の栽培もスタートし自然の恵みを改めて実感しました。
2017年1月からいちご狩りもスタートし、同年5月にはcafe TANNALをオープン。
多くのお客様に来ていただけるようになりました。

2019年6月法人化、『株式会社 TANNAL』に。

自然を側に感じながら、今日も共に歩んでいます。

糸島風景1
糸島風景2

磯本農園のこだわり

作る。売る。加える。

作るー 有機肥料や微生物資材を用いて、いちごが育ちやすい環境を整える事、いちご自身の力で育っていく為の手助けをする事を心がけております。

売るー いちごは鮮度が大切だという事、朝収穫した物をその日のうちに販売、発送する事で、最高の食べ頃をご提供いたします。

加えるー ひと手間加える事により、更に美味しいいちごをご提供致します。カフェメニューや加工品等、贅沢に味わってみて下さい。

作っているもの

磯本農園のいちご

いちご(あまおう)出荷:11月中旬〜5月末

かい るい おきい まい

果実が大きく色艶も良い、全国でも有名ないちごの品種で、贈り物等にも喜ばれます。

出荷が終わる5月中旬頃から来期用の苗作りが始まります。

親株から出てくるランナー(子株)を1つ1つ丁寧に育苗ポットで受け取ってあげます。 7月上旬頃にその親株からランナーを切り離して苗ができます。 それから9月の植え付けに向けて、たっぷりじっくりと愛情を注いで立派に育てあげます。
9月に植え付けた株は10月には花が咲き始め、蜜蜂の力を借りて受粉、11月中旬頃から 実り始めます。

磯本農園直売所について詳しく
オンラインショップ

福岡のブランドいちごあまおう

磯本農園の催し

『いちご畑で朝食を』〜朝ヨガと収穫と〜

磯本農園園長磯本浩英

第1回目イベントは『いちご畑で朝食を』〜朝ヨガと収穫と〜
福岡市からヨガ講師を招き畑ヨガを行った後、いちご狩りを体験。しっかり体を動かしてから朝食タイム。
フレンチレストランのシェフお手製のいちご酵母を使ったフレンチトーストに糸島野菜のサラダ、糸島の自家焙煎珈琲店のその場でドリップした珈琲等を楽しむという、いちご畑を生かしたイベントとなりました。

今後も不定期ではありますが、イベントを開催していきます。
※ イベント告知はInstagram、facebookの最新情報でご確認ください。

直売所アクセス

磯本農園いちご直売所

磯本農園直売所 【営業:1月上旬〜5月上旬】

現在お電話にて、いちご狩り予約受付中です!
土日はすぐに予約がいっぱいになりますので、お早めに!

(予約受付は10:00〜14:00の営業時間内のみ)
※12月中は営業時間内でも電話に出られない場合がございます。

いちごのビニールハウスに併設される直売所では、贈り物にもおすすめなあまおう飲む酢とコンポートも販売致します。

住 所 糸島市志摩吉田353-1
電 話 092-327-1646
期 間 1月上旬〜5月上旬
定休日 火
時 間 10:00〜14:00
(いちご狩りの入園は13時まで)

いちご狩り・磯本農園直売所

page top
磯本農園イメージ